★メッセージ投稿
第三者に迷惑のかかる恐れがあるもの、または悪影響を及ぼす恐れがあると協会が判断した書き込みに関しては、その発言を全文削除させていただく場合があります。

特にネットワークに限らず、一般社会の常識に照らし合わせて問題があると思われる発言については容認致しません。

我々は最大限の努力をもって誰しもが意見の言える場を確保する事に全力を注ぎますが、第三者が基本的な権利を犯される事に対しても同様にそれを守ることに全力を注ぎます。

特殊な環境下における放任された常識ではなく、一般的な常識の範囲内で忌憚の無い御意見を戴けたらと思います。

メッセージ一覧を表示 | リストを表示


しおりRe3:シェアウェア被害対策室   ( Re:4339 )
投稿者: 疑問

>私も含め、シェアウエア作家も多少なりとも法律の勉強はするべきでしょう!
>特に、アプリケーションには、使用許諾書は必ず添付する必要はあると思います。これは、個人であっても有効になりますから。

この使用許諾書というのが、シェアウェアの場合、添付されてなかったり、けっこういいかげんだったり、
するんですよね。が、個人の作家に専門外の法律の知識を要求するのも少し酷かなという気もあります。

で、かなり前に、使用許諾書のサンプルあるいはテンプレートみたいなものを作成して、
公開して自由に作家に利用してもらってはどうか、とういことを協会に提案をしたのですが、
その時は、検討はするが実現はなかなか難しいかも知れないという回答でした。

大手のソフトハウスなんかは顧問弁護士などに依頼して作成していると思うんですが、いまの
協会にはそのようなことは難しいとは思いますが、シェアウェアの信頼性の向上には有効では
ないかと思いますので、是非、今一度、検討されてはどうでしょうか。

No.4347  ( 08月07日 13時00分 )

No.4347 へのコメントを投稿
投稿者名:E-Mail:
題名: